DENTIST
COLUMN

歯科医師コラム

Vol.4 口腔ケアって何だろう?

皆さん、こんにちは。
副教務部長の柴崎(歯科医師)です。

 

さて、皆さんは最近「口腔ケア」と言う言葉をよく耳にすると思います。
では口腔ケアとは、どんなことか具体的にはご存じでしょうか??

 

お口の病気、またそれから発生する全身の病気に対する予防を目的とする、お口の清掃を中心としたものです。
これには患者さんご自身が行うセルフケア、歯科衛生士が中心に行うプロフェッショナルケアがあります。

プロフェッショナルケアには、正しい知識や技術を伝えることによって、患者さん自身の日常生活にセルフケアを実行してもらうことを目的とした指導も含まれます。

また近年では、お口の病気および機能障害に対する予防、治療、リハビリテ-ションを目的とする歯科治療から機能訓練までも含まれています。

 

口腔ケアの対象となる患者さんの年齢は、出生前の赤ちゃんはお母さんの口腔ケアから始まり、高齢者の歯が1本もない人まで口腔ケアの内容は変わりますが、すべての年齢の方が対象になります。

 

口腔ケアはお口の健康を守るだけでなく、全身の健康も守る重要なケアなのです!
国家資格である歯科衛生士は、この「口腔ケア」のエキスパートです。