DENTIST
COLUMN

歯科医師コラム

Vol.8 抜歯について

皆さん、こんにちは。

教務部長で歯科医師の角田です。

 

今日は、抜歯についてお話しします。

歯を抜くって、怖いし、嫌ですよね。我々歯医者も嫌です。

 

だって、歯は、食べたり、話したり、踏ん張ったりするときに、とても重要な役目をするものですから・・・。

できれば、歯医者も抜きたくありません。

 

でも、虫歯がひどくなりヒドく欠けていったり、歯周病でぐらぐらしたり、歯の根っこが割れたりした場合、どうしても抜かなくてはなりません。

さて抜くときはどんな準備をして、どんな順序でやるのでしょうか?

 

今日の体調を確認

抜歯の準備

麻酔

抜歯

止血

 

そして最後に止血の確認と体調の確認。

こんなところでしょうか。

 

そのとき、歯科衛生士さんは重要な役目をします。

体調の確認や、抜歯の準備など、

先生に代わってやることがたくさんあります。

歯科衛生士さんがいないと先生方は大変です!!

 

なので、歯科衛生士さんは、機具の名前だけでなく、体調の確認(全身状態の把握)など、様々な知識と技術が必要になります!

 

宮城高等歯科衛生士学院で、たくさん学んだ卒業生のみなさんは、歯科医院さんで、即戦力として頑張っています!!

 

是非、皆さんも学んでみませんか?